KURODAI MANIA 〜クロダイマニア〜

KURODAI MANIA 〜クロダイマニア〜

チヌブログ 房総と淡路で紀州釣り

17/3/18 南紀 1枚

今日は南紀でグレイさんと同釣の予定。東京の会社を出たのが前日金曜日の18時半、そこから新幹線で大阪に。宝塚の自宅に着いたのが22時半。夕飯を食べ関西用の道具を車に積み込んで出発したのが23時半。そこから南紀を目指します!

と、、、遠い!!

釣り場に着くと2時15分。あしたのジョーのように真っ白になってました。グレイさんは当然先着されてました。

グレイさんのブログはこちら⬇︎

http://awajifishing.com/

さて、日の出は6時。5時半まで寝ます。

今日は新場所。 防波堤の南側をグレイさんが、北側を私が攻めます。 すると、直ぐにウキが入りました。上がって来たのは、カンダイの子供らしきやつ。20センチぐらい。そして連続してカサゴが掛かりました。

グレイさんも北側の活性が高そうなのを見て、北側に移動されました。そしてグレイさんにもカサゴが掛かります。

この時、気付くべきでした。カサゴがいるということは、根があったり、岩場である証拠。この後、2人はデコボコした底の形状のせいで、棚が安定せず、また、時折海草に引っかかり、アタリが取りにくくなります。しかも、やはり南紀。3月なのに餌取り地獄。

そんな中、グレイさんが真鯛の31センチをあげました。こんな難しいところで流石です。

その後も難しい状況は続きます。 南側を試したり、また、北側に戻ったりしますが、どれもしっくり来ません。

午後になると、強風が吹き始めました。ちょっとやる気も萎えるぐらい。ダンゴが空中で横に流されます。 「ヒデさん、場所変えましょう」 結局、新場所の攻略法が掴めないまま消化不良でしたが、この風では仕方ありません。 グレイさんご提案の風裏の場所に移動します。車で30分ほど移動。

風裏ポイントに到着。さっきとは大違いです。水面は鏡のように周囲の景色を映し出してます。まるでヘラブナ釣りのよう。

14時半。日没まで4時間。ただ、冬春は夕方は良くありません。大抵、15時から16時半までのゴールデンタイムで、ワンチャンスをモノにできるかどうか?

投擲開始。ここは先程と打って変わって、オキアミが残ります。 先程の餌取り地獄でダンゴが低集魚仕様になっているので徐々に細挽きサナギを加えて集魚力をあげていきます。

すると、おや?ダンゴあたり?弱々しいですけど。一応それっぽいのが出ました。 でも、割れると反応なし。鏡の上に寝ウキがビダッと横たわったままです。 ボケに変えても当たりません。 這わせたり、底を切ったり色々試します。 でも、乗らない。

うーん。困った時のオキアミの房掛け。変化とアピールね。

ダンゴが割れて、ウキが寝ます。 隣のグレイさんの様子を見てから、自分のウキに目を戻すと、、、

無い!

ウキがありません。 道糸は???

斜め前の海中にスーッと吸い込まれていってます。

頼む!!!

予想していた16時のワンチャンス。 ドキドキしながら合わせます。 ビシッ!

ズンッッ!!!! 乗った! でも、叩かない。 しかもそんなに重くない。 フグか?? ここのフグはでかいので、嫌な感覚。

関西用の黒斬が、ギシギシ音を立てていますが、魚自体はあっさり上がって来ました。 あともう少しで姿が見えると思ったその時、いきなり反転逆襲。 そして、ゴンゴンゴン! 叩きました!

この時初めて確信。 チヌや。

バーブレーキで突っ込みを耐えながら、上がって来たのは35センチと小ぶりなチヌ。

小ぶり。でも、嬉しかった。 辛い道のりを経て、ようやく手にした一枚に感慨ひとしお。ちなみに抱卵してました。

その後、日没までやって納竿しました。 来週は房総です。

ランキング参加してます。クリック頂けるとありがたいです。

にほんブログ村 釣りブログ 紀州釣りへ
にほんブログ村にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定