読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KURODAI MANIA 〜クロダイマニア〜

チヌブログ 房総と淡路で紀州釣り

房総 1枚

12月17日。今年は黒潮の動きが良くありません。房総からかなり離れた所を通過してます。 その為、北風が吹くと、東京湾内の冷たく汚い水が直ぐ南下してきます。

北風後

南風後

今日は西風の強風の予報。評価が難しい。 ポイント選びは悩んだ挙句、風裏になる外房の某所にしました。

夜明けとともに投擲開始。まだ風は穏やか。オキアミは瞬殺。コーンでもたまに取られる。コーンが暖かく帰ってくるので水温も高め。 いい感じです。

その内、太陽が上がり気温上昇。ポカボカ陽気に。フグが釣れ、ダンゴアタリが出始めした。程なくボラが寄ってきて、2匹掛けました。ここはフグが多いポイントなので、ボラさんに追い払って貰う必要があります。そろそろ釣れるかな? いい感じです。

ところが、予報通りの西風が吹くと状況は一変。ダンゴアタリが消え、ボラの気配が無くなると、エサ取りが復活。流れも僅かで、組み立てに苦慮します。帰ってくるエサも冷たくなりました。底潮の水温下がってる、、、。

エサはオキアミ、コーン、冷凍ボケでまわし、ハリは0.8号から4号までを試しました。タナはトントンから50センチぐらいまで這わせます。ダンゴは割れるまで3分掛けます。たまのブースターはアミエビをひとつまみダンゴに混ぜて。

色々試すと力無いダンゴアタリが出始めました。ダンゴアタリなのにフワフワしたというか、ジワーッと沈む変なアタリです。ダンゴが割れると音もなく取られます。何がつついてるのか?フグだろうなぁ。一度、着底前にダンゴが割れるとボラが掛かりました。浮いてるのかなぁ。

もう陵界線に太陽が沈みかけてます。他に3名ダンゴ師がいましたが、チヌボーズで皆帰ってしまいました。

私もボーズを覚悟したその時、例の鈍いダンゴアタリから今回はダンゴが割れた直後に棒ウキが僅かに入りました。

合わせると、乗りました! やった!納竿前にドラマか? ん? 手ごたえが小さい。 上がってきたのは20センチぐらいの小さなチヌ。

でも、何とかボーズ逃れてホッとしました。 明日は別の場所でやります。

最後に 今日はこの漁港で釣り人と地元漁師のイザコザを数回見ました。船の通行中に竿を上げなかったという理由のようですが、ずいぶん広いのに船が岸壁近くを通ってます。大声で釣り人を罵倒して、その釣り座近くに何やら仕掛けを入れてます。後でその釣り師に聞くと嫌がらせだったようです。 私も、他の漁師に網を貼るから、釣り座を少し開けてくれと言われたので協力していましたが、その時もそれが邪魔だとか、そんなんじゃダメだとか、言葉遣いを含めてちょっと辛辣でした。 地元漁師優先ですから、黙って協力してましたが、ちょっとどうかなと。ただ、それだけ釣り人を敵視するようになってしまったのも、心ない釣り人のせいなのでしょうね。関西ではこんなにギスギスしてません。関東は人口の多さもあるのでしょう。入念に釣り座を洗って、ごみ拾いして帰りました。

ランキング参加してます。クリックお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 紀州釣りへ
にほんブログ村