KURODAI MANIA 〜クロダイマニア〜

KURODAI MANIA 〜クロダイマニア〜

チヌブログ 房総と淡路で紀州釣り

17/4/2 南紀 4枚

今日は、関西です。さて、今回はどこに行こう。 神戸の和田防で釣れているとの情報がありました。お腹は随分大きいようですが、まだお尻が赤くなく、ノッコミとまではいっていないようです。かなりの爆釣だったようですが、私は渡船は使わない主義です。

これだけ大阪湾の奥でも釣れているので、淡路島もいけるかな?と思いましたが、水温をチェックすると、神戸も淡路島も11度前後。ただ、神戸のその釣れた日とやらの水温だけは何故か14度もあったようです。

大阪湾、淡路島共に、まだ不安定とみて、南下することにしました。しかも、黒潮潮岬に接岸中。接岸すると上がり潮が南紀を駆け上がり、水温が安定します。その為、南紀の状態が良いと見ました。ネットでチェックすると、こちらも釣果は出ている模様。

南紀某所。ここは久々です。釣り場に着くと、小雨が降っていて、誰もいません。 これはラッキー。 他人を気にして無理に集魚する必要はないので、アミエビを外します。南紀ですから水温もあたたかい。17度ぐらいあります。エサ取り地獄が怖いですし。

水深は竿1本半ぐらい。丁度良い。先ずは情報収集の為、トントンで数投。するといきなりウキが立ちました。上がってきたのはチャリコ。そしてフグ。いいね。きちんとウキに反応が出て、そして釣れるエサ取りがいる時は、状態が良いと思います。怖いのは、ウキに反応が無いのに、エサが無くなる時。こういう時は、集魚を一気に落とすようにしています。今はいい感じなので、集魚力をあげずに、また、チヌがボケないように、一投あたりの間隔を空けます。

ボケを試すと、チヌの小さいのが掛りました。小さいけど、まぁ、一応1枚は一枚。次は大きいのに期待。 その後、ヘダイがポツポツと。ここのヘダイとチャリコは20センチ台ですね。まぁ、そこそこの引きで楽しませてくれます。 そして小チヌが2枚目。いい感じだねぇ。あとはサイズ!

ただ、10時になるとアタリがピタッと止まりました。あれだけ釣れていたのに、、、なんで??? うーん。どうしよう。エサをローテーションしたり、ダンゴの割れを変えてみたり、色々試しますが、どれも反応なし。 水温が下がったのか?でも、帰ってくるオキアミはさほど変わりがありません。

12時を回りました。場所を変えようかなぁ。迷っていましたが、大抵、こういう時は、移動してもあまり変わりありません。 多分、昼時で活性が落ちたのでしょう。勝負はいつものごとく15時台と見ました。場所は異動せず、ここで続行にしました。

ただ、15時まであと3時間もあるし、何とか状況を好転させたい。 ダンゴアタリはあります。ダンゴが割れると刺しエサには見向きもしない。 ということは、魚の興味がダンゴに移っている。逆に刺しエサには警戒しはじめた。 そう思ったので、一気に矢引きぐらい這わせることにしました。 出来るだけ刺しエサをダンゴ崩壊後も、ダンゴの上、またはダンゴ付近に留める作戦です。 しかもダンゴの中には、アンコでオキアミを数尾つぶしていれます。 これは魚の注意をダンゴからオキアミに変えさせるため。

するとこれがアタリました。狙い通り。 直ぐにヘダイとチャリコが掛りました。アタリが復活。 よし、今日はこのパターンだ。 すると、またまた小さいチヌが掛りました。お母さんを釣れて来なさい!!

矢引きぐらい這わせているので、アタリは何の前触れもなく、ウキが一気に消し込みます。 なので油断できません。

その後、ウキを見ていると、スパッとウキが消えます。上がってきたのは、30センチぐらいのマダイ。(関西ではメジャーをもっていないので、サイズを図ることが出来ず。。。)基本的に全てリリースする私ですが、南紀のマダイなので、お土産で持って狩ることにしました。

そして、勝負の15時を迎えました。すると、この這わせパターンが通用しなくなります。おかしいなぁ。トントンに戻したり、底を切ってみます。でも、反応なし。オキアミに全く触らず。

もしかして。。。???チヌが寄ったのでは? もう一度、矢引き這わせパターンに戻します。 そして、今回は待ちます。

待ちます。

待ちます。

ウキが立った! 合わせます。ビシッ!!!

ズンッッ!!!!! 乗った!今回は大きい!

ぐぐぐぐぐ。耐えます。上がってきたのは、43センチのチヌ(通りかかったルアーマンにメジャーを借りました)。 サイズはそれほどでもありませんでしたが、お腹が大きく、体高もあって重量では結構ありました。良いチヌです。 ふぅ。脳内麻薬が体内を駆け巡ります。あぁ、気持ちがいい。

その後、ボラが混じるように。チャリコの大きい奴(つまり、マダイとしては小さい奴)を追加しましたが、チヌはこの後かからず。少し早めに納竿しました。

チヌ4、マダイ(チャリコ含む)4、ヘダイ4。ストリンガーが足りなくて、マダイが2枚抜けてますが。

今日は、矢引き這わせがアタリました。自らの狙い通りにアタリを復活させることが出来て、満足です。 ただ、手返しが遅くなり、同釣者がいると、寄せ負けする釣り方です。 一人で釣っている時、もしくは、同釣者に対して、寄せ勝ちしていて、且つ、ダンゴアタリが出るのに、刺しエサに反応しないときに、数投限定で出来る釣り方と思います。長く続けると、寄せ負けする可能性があるので、トントンと組み合わせてやる必要があるかと。

やはり紀州釣りは、人が少ないところで、のんびりやるのがいいなぁ。 久々に、他の釣り人を気にせず、魚との対話に集中できた一日でした。

来週は、房総です。

ランキング参加してます。クリック頂けるとありがたいです。

にほんブログ村 釣りブログ 紀州釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村


にほんブログ村にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

広告を非表示にする
//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定