KURODAI MANIA 〜クロダイマニア〜

KURODAI MANIA 〜クロダイマニア〜

チヌブログ 房総と淡路で紀州釣り

17/6/24 淡路島1枚 キビレ1枚

今回は淡路島某所。通称『40波止』でグレイさんと同釣です。

グレイさんのブログはこちら↓ awajifishing.com

今日は大潮ですが、風もなく一面の凪。 潮もほとんど動いていません。 透明度も高め。厳しいかな?

ダンゴの配合はいつもと変わらず。餌取りが怖いのでアミエビは入れません。ただ、途中からブーストアップのためにサナギミンチ激荒を混ぜる作戦です。

さて、朝、グレイさんにチャリコや小キビレが掛かります。チャリコがかかるということは悪くありません。これは時間の問題かな? 私の方は、サイズを求めて這わせていることもあって、反応なし。

しばらくすると、フグが寄って来ました。そして、ダンゴアタリが出始めました。ここまでは想定通り。さぁ、あとはチヌが掛かるのを待つだけです。常にダンゴを硬く握って、チヌの寄りを誘います。

ですが、これが掛からない。ウキを弾くようなアタリや、弱々しい決め手に欠けるアタリばかりで消し込みません。これらのアタリに合わせても、上がって来るのはフグばかり。

午後になりました。ダンゴに当たっているのはボラだけ。底の刺し餌はフグの餌食なので、チヌが浮いている可能性があると思い、這わせを諦めてトントンに、そして底をやや切る程度にとウキ下を調整します。

これが当たりました。 先ずは小キビレが。 ただこれは、チヌかなと思ってタモ入れ前に、水面で観察しているうちに、ハリから外れて逃げてしまいました。まぁ、小さかったので。

そして激荒から刺し餌になりそうなサナギを拾ってつけると、ウキに反応が。 合わせると乗りました。 手応えバツグン! かなり引きます。 ですが、ちょっとおかしい。 なんかチヌの上品な引きではなく、何か暴力的な感じで、足元に入っていきます。 なんとか上がって来たのは、40センチ近いバリ!こんな大きなバリは初めてでした。

午前中から撒いてきた激荒が効いたのでしょうか?また、サナギを付けると、ウキが入りました。上がってきた水中の魚影は最初、チヌか?と思いましたが、よく見るとキビレでした。残念。サイズは30センチに1センチ届かずの29センチ。やはり底を切ると小型中心になります。

今が地合い。 ここでリーサルウェポンの、小ボケを試します。 すると、ウキに反応が。早合わせで合わせると乗りました。上がってきたのは待望のチヌ。31センチでした。 ふう。なんとか本命をゲットして安堵します。

しかし、ここからアタリが遠のきます。 餌が入り過ぎてチヌが遠巻きになってしまったかも。 チヌをダンゴの中心に寄せるために、小さめをキンキンに締めて投げます。 そしてダンゴが割れて最初のアタリを狙うと、チャリコが釣れました。

チャリコ連チャン。

そしてボラ。

結局、チヌとキビレ一枚ずつでした。

ダンゴの握り過ぎで、また掌にマメが出来てしまいました。最近は小さめダンゴを硬く握って釣果をあげています。これはトトダンゴさん流。あと、ヘラブナ釣りの経験が大きいです。 大きめの割れの早いダンゴを入れると、チヌは遠巻きにして、中々、中心に入ってきません。夕まずめで活性が上がった時は、それでも釣果は挙げられます。ですが、安定して大物を掛けるなら、日中の食いの渋いチヌを食わせる必要があるかと。そこでは、小さめをキンキンに締めたダンゴが有効と思います。まぁ、私の釣り方ですね。色んな考え方があると思います。

帰りの高速のSAで、翌朝まで爆睡してから帰りました。 来週は房総です。

ランキング参加してます。下のバナーのどれか1つをクリック頂けるとありがたいです。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ にほんブログ村 釣りブログ 紀州釣りへ

→→ 私が参考にしているブログ達です

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定