KURODAI MANIA 〜クロダイマニア〜

KURODAI MANIA 〜クロダイマニア〜

チヌブログ 房総と淡路で紀州釣り

17/7/1 静岡 2枚

何だか体調が悪いです。 今週は歓送迎会もあり、仕事も忙しく、深夜まで飲んでから、カプセルホテルに泊まって、翌朝早朝から仕事する生活でした。気づくと体調が悪い。風邪ひいたかな。

でも、釣りはやめられません。今回は静岡某所のテトラ帯に出撃しました。 テトラ帯ですから、久々に水箱の出番です。

自作した水箱。テトラ専用機です。

ここは昔、子供が生まれる前、嫁さんと釣りに来たことがある思い出の場所です。 港内側で全身スキーウェアを纏った嫁が、サビキをやっていた姿が思い出されます。今や、釣りにはついて来てくれなくなってしまいましたが、、、。

夜中に着きましたが、テトラ帯なので、何処かで竿を出せるだろうと思い、場所確保もせず7時ぐらいまで爆睡。体調も悪いので。

釣り座はこんな感じ。テトラは空いていて良いなぁ。

さて、今回も薄ダンゴ仕様。 アミエビも入れず、細引きサナギも冬の半分くらいです。 テトラだから、チヌはすぐそこにいるはず。 小さめダンゴを固く握って、おびき寄せます。

すると、ベラがかかりはじめました。

そのうち、ベラも落ち着いて来ました。 チヌが寄って来たかな?

すると、ウキにアタリが出ないのに、餌だけ取られるように。うーん。スズメダイ

しかし、犯人はキタマクラでした。写真撮り忘れました。

まだ、チヌは中心には入って来ていません。ですが、寄っては来ているはず。

潮が飛び始めました。 這わせ幅を大きくします。

すると餌が残ります。これはチヌが寄ったから残ったのではなく、ダンゴ崩壊後に刺し餌がすぐにダンゴから離れてしまっている為と思います。這わせ幅をさらに大きく取って調整。

しばらくすると、今度は潮が止まって来ました。すると這わせ過ぎなのか、ウキに反応が出ないまま、餌が取られます。今度はタナを詰めます。一気にトントンから少し底を切るぐらいに。

すると、ダンゴアタリが出た後、ウキが倒れてから、ウキがムックリと起き上がります。 合わせると手応えあり。

テトラ帯なので、テトラ下に潜り込まれないように、早めの勝負を意識します。ほぼゴリ巻き。ドラグを少し緩めにして、ハリス切れを防止。

上がって来たのは、地付きの真っ黒なチヌ。 最初、年無しか?と思いましたが、1センチ足りなかったです。

49センチ

アドレナリンが出て、体調が悪かったことを忘れます。

続けてダンゴを投入。はやる気持ちを抑えて、小さめ薄味ダンゴでじっくり待ちます。

チヌが中心に入って来た。ダンゴにも当たっている。ということは、ここで取る作戦は? これは内緒。 ウキを落とす位置と関係があります。

すると、ウキに反応が。トップまで入ったのを確認してから、ゆっくり合わせます。 すると重量感のある手応え。 またゴリ巻きで早めの勝負。 まるでビデオ再生のように、一枚目と同じような真っ黒な地付きのチヌが上がって来ました。 今度こそ年無しやろ?

結果は2センチ届かずの48センチでした。

その後、体調が悪化。 頭がボーッとして、咳が出ます。 アカン、、、。

午後になるとバリが掛かりました。 少しタナが上過ぎたようです。

午後14時。さぁ、これからマズメにかけてがゴールデンタイム。と思ったら、向かい風が強くなって来ました。息をするのも苦しいぐらいに。だんだんウネリも入って来て、危なくなって来ました。

港内側に移りました。これからという時に勿体無い。港内では水箱は使わず、いつもの愛用イスを、使います。

ただ、この時間から一からやり直しかと思うとやる気もなくなり、体調も悪いので、適当に数投してから、16時前には上がりました。

ランキング参加してます。下のバナーのどれか1つをクリック頂けるとありがたいです。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ にほんブログ村 釣りブログ 紀州釣りへ

→→ 私が参考にしているブログ達です

広告を非表示にする
//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定