KURODAI MANIA 〜クロダイマニア〜

KURODAI MANIA 〜クロダイマニア〜

チヌブログ 房総と淡路で紀州釣り

17/7/22 房総 1枚

今日は房総。 昨晩が飲み会だった為、朝出発。 釣り場に着くと既に7時です。 釣友のKさんが場所をとってくれていました。 ありがとうございます。

最初の3時間は何も当たらず。 オキアミやサナギは取られますが、コーンは残る状況。サナギは虫食いになるので、餌取りの正体はカワハギですね。あと、ハコフグだと思います。ここはハコフグがとても多く、ボラやチヌに追い払ってもらわないと釣りが成りたちません。

かといって、この季節は無闇に集魚力をあげたり、ダンゴを大きくすると、餌取り地獄になる可能性もあるので、長めのテンポでじっくりチヌが寄るのを待ちます。

すると、わずかながらダンゴアタリが出てきました。 試しにボケを試すと寝ウキが立ちました。 これはグレでした。

それからオキアミにもたまにグレがかかるように。

30センチ弱のグレ達で楽しませてくれます。

しかし、グレも落ち着いてきて、また、何も当たらなくなりました。 ここでハリを1号から0.5号に落として、コーンを一粒つけます。タナは底を切り気味に。 すると、狙い通りハコフグが釣れました。 やはりこいつらか、、、。

またハコフグ

既に正午。まだ、こいつらがいるということは、チヌが中心に入って来ていません。集魚力をあげるか???

悩みましたが、逆に場を休ませることにしました。ムキになって続けると、チヌはどんどんボケていくのではないか?そんな気がして、思い切って30分ほど場を休ませます。昼食タイム。

、 、 、

戻ってきて、ダンゴを入れると、オキアミが残ります。餌取りが居なくなった??? いや、ここでそれはあり得ない。 チヌが入ってきたか?

ここでボケを試すと、何も当たらず。 オキアミに戻します。 タナは少し底を切ったぐらい。

ダンゴが割れてオキアミが飛び出ます。 ウキに反応が出ません。 この二投の流れでは、まだ、オキアミは付いているはず。しばらく流します。

、、、ピョコ! ウキが立ちました。すかさず合わせると乗りました。

、、、が、軽い! またグレかな?

と、思ったらチヌでした。 26センチ。小さい!

チヌが入ってきた! やはりオキアミが残った時はチャンス! この地合いをものにしたい。

しかし、這わせたり、エサをローテーションしたり色々試しましたが、チヌは掛からず。 その内、オキアミが取られるようになりました。おそらくハコフグが戻って来ました。チヌが遠ざかった、、、。地合い終了。

今、思えば、タナを変えるべきではなかったかも知れません。ここは駆け上がりが急で、しかも横にずれても深さが違います。つまり縦横で深さが違うので正確に同じところに投入しないと、タナが変わります。50センチ投入点が変わるとタナが変わってしまうので、手投げで正確にやるべきだったかも。

日没までやりましたが、グレやアジがかかるぐらいで、チヌは追加出来ませんでした。 色々反省点を残して、本日の釣行を終えました。 収穫は、やはり、場を休ませたことですね。 夕まずめでも、休ませたほうが良いのかな? でも夕まずめでそれは勇気が要ります。 ですが、以前、グレイさんと同釣した時、夕まずめで場を休ませて、アタリが復活したことがあります。

焦る気持ちを抑えて、如何に冷静に状況を分析できるか。 今後も精神修行は続きます。

ランキング参加してます。下のバナーのどれか1つをクリック頂けるとありがたいです。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ にほんブログ村 釣りブログ 紀州釣りへ

→→ 私が参考にしているブログ達です

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定