KURODAI MANIA 〜クロダイマニア〜

KURODAI MANIA 〜クロダイマニア〜

チヌブログ 房総と淡路で紀州釣り

淡路島 撃沈 フカセ

淡路島に行きました。理由は、チヌが濃いことは当然ながら、大雨の翌日だったので、水温低下が予想される河口から遠く、北西風に強い波止ということで選びました。
 
先に結果を申し上げますと、坊主でした。ぐすん。
腕がないのは認めるところですが、場所選びにも落とし穴がありました。場所選びも含めて腕なのですね。
 
まず、私の釣りはフカセです。エサを無防備に流すので、その天敵はエサ取り。前回、生穂でも都志でもエサ取りに悩まされました。とくに生穂(志筑の隣)はきつかった。つまり初夏の釣りでは、エサ取りが少ない場所を選ぶということがフカセのセオリーらしいです。となると、エサ取りが少ない汽水域、つまり、むしろ河口が適している・・・と本に書いてある(翌日読んだ本)なんてこった!最初の候補だった湊港は、淡路でも大き目の河川の河口です。水温低下があったかもしれませんが、少なくともエサ取りはましだったはず。ま、結果論ですね。ただ、次回からの場所選びでは考慮しようと思います。
 
59dce40b.jpg最初に釣った釣り場。奥の岸壁から手前に釣りました。
スズメダイ、コッパグレの下に、チヌが見えていました。40cm以上はあるデカチヌです。
コマセでエサ取りを岸壁に釘付けにしておいて、
潮下に仕掛けを投入すると、チヌあたりが数度。
乗りませんでしたが、間違いなくチヌの当たりです。
50cmほど沈んでモゾモゾしてからスーッと沈んでいきます。
ただ、この後、潮が止まり、ジ・エンド。
潮が止まるということは、チヌはいてもエサ取りの直下。しかも活性が落ちる。
これでは私の腕では話になりません。
 
 
f5775bfd.jpg
その後、潮が動きやすい堤防先端へ移動。
手前はエサ取りだらけなので、遠投すると、
今度は、子サバの猛攻です。
他の人も苦しんでましたね。。。
 
 
 
 
cc76b29a.jpg
対岸には人がいっぱい。エギングかな。。。グレかも。
 
 
3cd92150.jpg
写真だとわかりづらいですが、エサ取りだらけ。ちくしょう!でも楽しい!!
今日は4時に納竿。
 
 
29e3235f.jpg
帰りに寄った近くの釣り具やさん”シーバイト”(写真掲載の了解もらいました)。
大将曰く、
「①エサ取りが多く、ダンゴじゃないと厳しい。」
「②フカセで狙うなら、朝マヅメと夕マヅメ。それ以外はエサ取りが多すぎる。」
「③昼間は落とし込みが一番釣れる。」
 
じゃ、大将は何で釣る?と聞くと、
ニヤッと笑って「フカセだね」と一言。
腕があるんだね。自信たっぷりだな。
もう少しフカセで粘るかな。。。
 
 
 
 
b1105e5d.jpg
帰りの道から播州灘を望む。
 
 
697bd9e0.jpg
夕マヅメもやりたかったけど、もうへとへと。
23日は友人と若狭に行きます。
 

 

広告を非表示にする
//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定