読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KURODAI MANIA 〜クロダイマニア〜

チヌブログ 房総と淡路で紀州釣り

3/8(金)南紀「B」 5枚

日 時■ 3/8(金
場 所■ 南紀 ポイント「B」
釣 果■ チヌ(30cm以上)= 4枚 (41cm 40cm 40cm 38cm)
釣 果■ チヌ(30cm未満)= 1枚 (28cm) 
通 算■ 2013年 30cm以上 通算7枚
通 算■ 2013年 Total 通算8枚
釣 果■ その他     = ベラ、ガシラx2、フグ
潮 汐■ 前中潮(新月2日前) ※赤点は釣れた時間
潮 流■ 田辺沖上り潮
646b4321.png
2b05476e.png
水 温■ 18.5度前後で安定(この季節にしてはかなり高い)
気 温■ 10~18度
釣 法■ 紀州釣り
仕 掛■ 道糸2号サスペンド 寝ウキ ハリス1.2号 ハリ2号/3号 生/ボイルオキアミ/ボケ
備 考■ 久々に南紀のポイント「B」へ。■水温は高止まり、気温も高く、外海は波気がある。最高の条件。■この辺りはフグが多く、今回はアミエビを入れず。■手投げで思いっきり遠投したポイントが前回も爆釣したところ。杓で投げてもよいが、着地点がブレるので、手投げで正確に投げる。■このポイントは澄み潮の方が良いように思う。この日も澄み潮。(芦屋浜や阪神エリアも澄み潮の方が良いように思う。淡路は濁っていた方が良いかも。因みに南紀の潮が良いときは田辺沖を南から黒潮の分流が入り北上する所謂"上り潮"であり、綺麗な澄んだ潮が入る時。濁り潮は水が汚れており魚の活性は良くない。特に春先の濁りは青潮が入っており、プランクトンが多すぎて、魚はえら呼吸がしづらくなるため、活性が落ちると聞いたことがる。)■澄み潮なのでダンゴの着水後の落下が見えなくなるぐらい遠くに投げてチヌが警戒しないように配慮。■このポイントは近投は全くダメ。中途半端な距離も×。あくまで手投げでの最大距離がポイント。■午前中 下げ潮 11時前後に反転。16時前後が満潮。■午後一にオキアミからボケにスイッチして一投目で40㎝。
5184c164.jpg
40cm 2013年通算4枚目(30cm以上 4枚目) ボケ
■暫くボケで続けると40㎝を追加。
491c3eb1.jpg
40cm 通算5枚目(5枚目) ボケ
■ボケでアタリが遠のく。ボイルを使ってみる。2時前後にウトウトしているとウキが入った。小さ目の28㎝。
a1a17c59.jpg
28cm 通算6枚目 ボイルオキアミ
■満潮を越えて4時半。潮の動きはじめ。オキアミで反応が続く。流れが早く2ヒロぐらい這わせている。毎回アタリがでる。41㎝を追加。
fa0e73cc.jpg
41cm 通算7枚目(6枚目) 生オキアミ
■その後も活性が高く、毎回反応が出る。2回バラシた。
■6時。日没。ラスト一投。38㎝が上がって納竿。
6b9c7fe7.jpg
通算8枚目(7枚目) 生オキアミ
■いずれもノッコミ。腹パンパン。
■活性が高く、潮が早いので這わせで対応。ダンゴ投入後に穂先を思いっきり海中に突っ込んで、下潮に道糸を流して風をかわす。これをやらないと道糸が風に引っ張られて全くアタリが出なかった。午後に気付いてやり始めると釣果が上がった。
056c4d01.jpg
集合写真