KURODAI MANIA 〜クロダイマニア〜

KURODAI MANIA 〜クロダイマニア〜

チヌブログ 房総と淡路で紀州釣り

12/16 伊豆 チヌ1枚、金目鯛一膳

今日は大臣さん主催の釣りパーティです。 場所は伊豆某所。 ただ、皆さんお忙しかったり、体調を崩されたり、最終的には4人での釣行となりました(トトダンゴさん、お大事に)。 ハルさん、ふなおかさん。はじめまして。どうぞ宜しくお願いします。大臣さん、お誘い頂きありがとうございます。

さて、今日の釣り座です。 皆さん、ここがはじめての私を本命ポイントに入釣させてくださいました。どうも、ありがとうございます。

今日は西風強風の予報です。 ヤフー天気予報と天気.jpは、凪の予報。この2サイトは、風予想は本当に当りません。私が信頼してるのはこれ。WINDYです。

WINDY

WINDY

  • Igor Kamenev
  • 天気
  • 無料
xn--app: windy: igor kamenev https:-6x13a66p4d3ozjm0av197h

今日の強風を4日前には予想してました。私は神アプリと呼んでます。このアプリの風予想は本当に信頼性があるので、オススメです。

すると夜明けと同時に既に風が強くなってきました。かなりの強風です。ふなおかさんは、風裏の釣り座でされるようです。3人は向かい風の釣り座になります。

辛抱しながら投擲を続けます。 今日は水温が低く、かなり渋そう。タナは底を切ってアピール重視に。早めにダンゴを割らせて、流す時間を長くすることを意識します。これが後の伏線になります。

1時間ちょっと投げたあと、、、 『ヒデさん、行くよ』

近くの朝市に来ました。 ここでのお目当てはコレ。 金目鯛の釜飯です。

これは最高でした。キチンと個別に固形燃料もついていて、しかも700円!安い!! そして、美味い!これは満足度高かったです。

お腹も満たされて、あとは帰るだけ、あ、いや、チヌを釣るだけです。

さぁ、釣り再開。 ただ、向かい風がかなり厳しくなって来ました。 ハルさんは風裏に移動されました。大臣さんと風に耐えながら投擲を続けます。

と、朝と打って変わって今度はオキアミがもちません。サナギを試すとこれも取られる。コーンは?これもダメ。何が居着いたのだろう?

関西ならヒイラギでしょうね。ここだとキタマクラかカワハギではないかとのこと。なるほど。チヌは渋いだろうから、硬めの餌でエサ取り包囲網を突破して、外にいる渋いチヌに食わすことを意識します。カニ、買っとけば良かった。。。

然し、中々当たらず。相当渋そうです。アピールの為、タナを更に切って浮かせると、バリとグレが釣れました。

グレは34センチありました。グレはよく引きます、、、。

釣れたのはいずれもダンゴ崩壊直後。 流すと、斜め手前の沖に払い出す当て潮がキツく、ドンドン斜め手前に来ます。本当は横に流したいのに、思ったように流れてくれません。竿を海中に突っ込んでラインを沈めてやるも、私の釣り座では、あまり効果なし。

15時半。いい時間です。すると、ここで大臣さんが良型のチヌを釣られました。流石です。

気が焦ります。16時を周りました。最後の30分にかける前に状況を整理します。

1) 今日は冬の釣りを展開。底を切ってエサを浮かせてアピール重視。ただ、ダンゴの周りはエサ取りがキツイので、硬めの餌でエサ取り包囲網を突破する必要あり。

2) ただ、斜め前の沖に払い出す潮の流れがキツくて、ドンドン流されてしまう。遠巻きにいるであろう渋いチヌの鼻先までエサを運びたいが、この潮の上には居なそう。

そう考えながら、ダンゴ投入直後のウキを見ていました。底を切っているので、ダンゴ崩壊前のウキは水中にあります。そこで、一瞬、海中でウキが素早く動くのが見えました。ダンゴ崩壊も少し早い。

もしや、ダンゴアタリ?

『大臣さん、もしかして、ダンゴアタリあります?』

『そうね。出てるね。』

しまった! 状況が変わってた。 いつのまにかチヌの活性が上がってた。活性が上がってるのに、活性が低い時の釣りをしていました。原因はタナを切ることを意識しすぎた為に、ダンゴ崩壊前のウキが沈み過ぎて、ダンゴアタリに気づかなかったことです。長さが短い寝ウキの弱点でもあります。

ダンゴアタリが出ているということは、チヌの興味はダンゴに向かっています。勝手に想像していた遠巻きにダンゴを眺めている渋いチヌなんて、今はいないのです!

チヌはダンゴの中心に入っている!

ならばやることはただ一つ。

這わせます。こういう時は中途半端はいけません。効果をしっかり出すために、思い切って竿1本ほど這わせます。 刺しエサを動かさない、今までと全く逆の釣りです。 するとウキが、例の沖に払い出す潮に乗って斜め前に流れて来ます。 でも、今は関係ない。 まだ、ダンゴは割れていない。餌はダンゴの中にある。この状況ではウキがどこにあろうと関係ありません。かなり流されてから、ウキがゆっくり立ってくると、確かにダンゴアタリが出ています。

そして、ダンゴが割れました。かなり這わせているので、エサは今までの上方向ではなく、横に出たはずです。

次の瞬間、ウキが立ちました! 来た!

合わせると乗りました! 感触からチヌを確信。 上がって来たのは、35センチ。

大ハワセに変えて一発目で仕留めました。 なんとか作戦成功!狙って釣った一枚は気持ちがいい! ただ、ダンゴアタリに気付くのが遅くなってしまったのは反省です。まだまだ修行が足りません。既に16時半でした。

それから17時まで粘るも、焦るとダメですね。仕掛けが絡んでしまい、あまり投げることも出来ず、納竿となりました。

大臣さん、ハルさん、ふなおかさん、とても楽しい一日をありがとうございました。金目鯛も、釣り場も良いところでした。温かく迎えて頂いた皆さんとの会話も楽しかったです。

さて、来週は房総の予定です。今年の房総ラスト釣行になります。

ランキング参加してます。下のバナーのどれか1つをクリック頂けるとありがたいです。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ にほんブログ村 釣りブログ 紀州釣りへ

→→ 私が参考にしているブログ達です

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定