読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KURODAI MANIA 〜クロダイマニア〜

チヌブログ 房総と淡路で紀州釣り

南紀 1枚

今日は南紀でグレイさんと同釣の予定。東京の会社を出たのが前日金曜日の18時半、そこから新幹線で大阪に。宝塚の自宅に着いたのが22時半。夕飯を食べ関西用の道具を車に積み込んで出発したのが23時半。そこから南紀を目指します!

と、、、遠い!!

釣り場に着くと2時15分。あしたのジョーのように真っ白になってました。グレイさんは当然先着されてました。

グレイさんのブログはこちら⬇︎

http://awajifishing.com/

さて、日の出は6時。5時半まで寝ます。

今日は新場所。 防波堤の南側をグレイさんが、北側を私が攻めます。 すると、直ぐにウキが入りました。上がって来たのは、カンダイの子供らしきやつ。20センチぐらい。そして連続してカサゴが掛かりました。

グレイさんも北側の活性が高そうなのを見て、北側に移動されました。そしてグレイさんにもカサゴが掛かります。

この時、気付くべきでした。カサゴがいるということは、根があったり、岩場である証拠。この後、2人はデコボコした底の形状のせいで、棚が安定せず、また、時折海草に引っかかり、アタリが取りにくくなります。しかも、やはり南紀。3月なのに餌取り地獄。

そんな中、グレイさんが真鯛の31センチをあげました。こんな難しいところで流石です。

その後も難しい状況は続きます。 南側を試したり、また、北側に戻ったりしますが、どれもしっくり来ません。

午後になると、強風が吹き始めました。ちょっとやる気も萎えるぐらい。ダンゴが空中で横に流されます。 「ヒデさん、場所変えましょう」 結局、新場所の攻略法が掴めないまま消化不良でしたが、この風では仕方ありません。 グレイさんご提案の風裏の場所に移動します。車で30分ほど移動。

風裏ポイントに到着。さっきとは大違いです。水面は鏡のように周囲の景色を映し出してます。まるでヘラブナ釣りのよう。

14時半。日没まで4時間。ただ、冬春は夕方は良くありません。大抵、15時から16時半までのゴールデンタイムで、ワンチャンスをモノにできるかどうか?

投擲開始。ここは先程と打って変わって、オキアミが残ります。 先程の餌取り地獄でダンゴが低集魚仕様になっているので徐々に細挽きサナギを加えて集魚力をあげていきます。

すると、おや?ダンゴあたり?弱々しいですけど。一応それっぽいのが出ました。 でも、割れると反応なし。鏡の上に寝ウキがビダッと横たわったままです。 ボケに変えても当たりません。 這わせたり、底を切ったり色々試します。 でも、乗らない。

うーん。困った時のオキアミの房掛け。変化とアピールね。

ダンゴが割れて、ウキが寝ます。 隣のグレイさんの様子を見てから、自分のウキに目を戻すと、、、

無い!

ウキがありません。 道糸は???

斜め前の海中にスーッと吸い込まれていってます。

頼む!!!

予想していた16時のワンチャンス。 ドキドキしながら合わせます。 ビシッ!

ズンッッ!!!! 乗った! でも、叩かない。 しかもそんなに重くない。 フグか?? ここのフグはでかいので、嫌な感覚。

関西用の黒斬が、ギシギシ音を立てていますが、魚自体はあっさり上がって来ました。 あともう少しで姿が見えると思ったその時、いきなり反転逆襲。 そして、ゴンゴンゴン! 叩きました!

この時初めて確信。 チヌや。

バーブレーキで突っ込みを耐えながら、上がって来たのは35センチと小ぶりなチヌ。

小ぶり。でも、嬉しかった。 辛い道のりを経て、ようやく手にした一枚に感慨ひとしお。ちなみに抱卵してました。

その後、日没までやって納竿しました。 来週は房総です。

ランキング参加してます。クリック頂けるとありがたいです。

にほんブログ村 釣りブログ 紀州釣りへ
にほんブログ村にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

【水箱】設計書 公開

設計書はこちら。⬇︎ より画像が鮮明なpdfが欲しい方は、コメント欄にメールアドレスを記載頂ければお送りします。

水箱、スケルトン➕バッカン設置タイプです。 バッカンは出し入れ可能。 アルミのスケルトンなので、とても軽く、汚れにも強いです。足の長さ調節可能。 テトラで紀州釣りをするときに、大変重宝します。安定していて釣りに集中できます。

ランキング参加してます。クリック頂けるとありがたいです。

にほんブログ村 釣りブログ 紀州釣りへ
にほんブログ村にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

房総 2枚 からの 撃沈

今日は残業で帰宅が遅くなってしまいました。出発は10時。道中、ヌカをとったり、ガソリン入れたり、忙しい。やっと落ち着いて、夜中の房総を走るともう眠くてたまりません。道端に止めて休憩のつもりが、起きたら朝四時。しかも強風!もういいや、ゆっくり行こう。。。

今日は水箱のデビュー戦。 釣り場に着くと、フカセ師が1人。 ご挨拶します。隣に入ることも快諾していただきました。ありがとうございます。 その方は先週は2枚出たそうです。ただ、まだノッコミではないとのこと。

久々のテトラ。 初めての場所ということもあり、セッティングに手間取りましたが、なんとか完了。こんな感じです。水箱はぐらつくことも無く、安定していてとてもいい感じです。クーラーが無いので、バッカンの上に座ってる感じ。

7時、釣り開始。水深は2ヒロちょっと。私がチヌ釣りをした中で最も浅い場所です。 でも、濁りが入っていて底は見えません。

一投目からいきなりウキが立ちました。ただこれは乗らず。オキアミが取られています。その後、オキアミが音もなく取られます。エサ取りか?活性高いね。 4投目でした。ダンゴが割れて、エサ取りにすでにオキアミが取られたかもしれませんが、念のため流しているとウキがバキューンと消し込みました。

合わせると手応えあり! テトラなので糸が擦れて切れないように、早めの勝負を意識します。

ところが、キリキリキリキリ、、、、。

ドラグが緩んでいました。釣りながら調節します。内心はちょっと焦っていましたが、何とかタモ入れ完了。上がってきたのは36センチ。 この季節にしてはチト小ぶり。

その後、ダンゴを打ち返します。 ダンゴアタリが出てます。 活生が高い。 ダンゴが割れて最初のアタリを取ろうと思い、タナを詰めて少し底を切ります。 これが当たって、ダンゴが割れてからウキが倒れる前にウキが一瞬止まりました。普通なら芯残りの可能性があるので合わせませんがここは積極的に合わせました。 ズンッッ!! 乗った! うわ、テトラの下に潜りそう! 藻の下に行くな! テトラの上の釣りは、ハラハラしますね。 無事、タモ入れ完了。上がってきたのは38センチ。写真は後ほど。

この後、濁りが取れてきました。 手前はそこの状態が丸見え。 遠投してもエサ取りだけで、チヌあたりがなくなりました。 浅いので澄み潮は致命的。 すでに12時。諦めて場所を変えることにしました。

二枚揃っての写真撮影。 これノッコミです。ここはもうシーズン入ってますね。

「こんにちは!誰かのブログでその箱見たことある!」 後ろを見ると常連さんらしき方です。 私のブログを見ていただきありがとうございます。

「このサイズはここのアベレージサイズだよ」とのこと。この季節で30センチ台は小ぶりでしょう。ここは意外と小さめなのかも。

「向こうでやってたんだけど、全然ダメだった。そこやめるなら入ってもいい?」とのこと。 どうぞどうぞ。澄み潮ですけど、夕方に向けて潮が上がってきたら濁りが入るといいですね、

さて私も場所を変えます。 私は港自体を変えました。 着くとこっちは逆に濁ってます。 というか変な緑色。 まずい、、、。 明らかに変な潮が入ってます。

3時台のゴールデンタイムも音無し。 アタリが全くなく、5時には納竿しました。

今日は朝の2枚のみ。 水箱のデビュー戦でしたが、使用感はとても良かったです。テトラ上でも安定して釣りができました。テトラに直接座ることを考えたら、段違いに楽でした。テトラを攻めれると釣り場の選択肢が格段に増えるので、今後楽しみです。

翌日、12日日曜日は同じテトラで再戦するも、撃沈しました。 私も入れて4人いましたが、全滅。 Kさんとラインでやり取りしましたが、ホームグラウンドにも4人いたらしいですが、こちらも全滅だった模様。ここら辺りは連日の北風強風で水温が下がったと思います。 ただ、水箱はいい感じ。へら台の脚を使っているため、爪が付いているのでテトラをがっちり捉えて全くぐらつかず、テトラ上でも釣りに集中できます。あるとないとでは疲労感が全く違いますね。 さて、来週は南紀です。

ランキング参加してます。クリック頂けるとありがたいです。

にほんブログ村 釣りブログ 紀州釣りへ
にほんブログ村にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

房総 撃沈 からの 2枚

今日は新場所。以前、2時間ほどだけ竿を出したことがあったのですが、フルは初めて。竿一本弱ぐらいの水深だと思ってましたが、前回は満潮だったようで、今日は2ヒロ半ぐらいしかありません。 ダンゴ師が私を含めて3人。フカセ師が1人。 フグがたまに当たりますが、チヌの気配はありません。ダンゴ当たりもなし。 でもオキアミが取られます。 よく見ると、ダンゴが割れると寝浮きが小刻みに震えます。どんだけ小さいねん! 合わせてみるとこんなのが釣れました。

イワシ? 違うなぁ。尾びれあたりが透明。 サバ子? 模様が違う。

隣の人が、海中を見て、「ボラの稚魚が泳いどるなぁ」。

ボラ子? 初めて見た。 ボラの下にはチヌがいると言いますが、君たちじゃなぁ、、、。ご両親を連れて来なさい!

午後になっても当たるのは、フグとボラ子。 結局、4人揃っての撃沈となりました。

まだここら辺はノッコミは本格化していないみたい。当初の予定では、翌日は近くのテトラを試す予定でしたが、連敗は嫌なので、ホームグラウンドに変更しました。

日帰り温泉に入ったあとラーメン食べて釣り場近くで車中泊。車内で晩酌。家族と電話しながら夜がふけていきます。うーん、眠くなってきた。お休みなさい。ベッドに潜り込みます。zzz

さて、2日目。 夜が明けて、ホームグラウンドに向かいます。 釣り場に着くとダンゴ師は私だけ。フカセ師もいません。チャンス!

9時を回ると早くもダンゴアタリが。 ドンドンドンとかなり強く当たります。 いいねぇ!その調子! でも、ダンゴが割れると音無し。たまに当たるのはフグ。

なんじゃこりゃ? おかしい。釣れてもおかしくないのに。 何が足りない? 悩んでいるうちに午後になりました。

するとフカセ師が4人入って来ました。コマセをバンバン打っています。アカン。チヌが浮いてしまう、、、。

そのうち、フカセ師の1人が立て続けにチヌを2枚あげました。 浮いてもうた、、、。

でも、私のダンゴアタリは継続中。一体なんやねん!浮いてないんかい!どっちや!

するとダンゴアタリの途中でウキが沈んで行きます。スーッと。おまえ、、、か、、、。この動きは、、、。

そう、タコです。 かなりのサイズ。大学生らしきサビキ釣りの一団にあげると大喜びしてました。

タコ退治にこんなに時間がかかるとは、、、。 時間がもったいなかった、、、。 3時を回りました。 タコが釣れるとチヌが釣れる。 今までもなんども経験があります。 今回もそうでした。

ダンゴが割れて寝浮きが倒れます。すると直ぐにウキが立ちました。 合わせます。ビシッ! ズンッッ!! 乗りました。頭を振ってます。チヌや!!! 上がって来たのは45センチ。 連敗を逃れて安堵するとともに、脳内麻薬が駆け巡ります。スーッと。あぁ、気持ちいい。

それから数投後。 ダンゴが割れて寝浮きが倒れます。 シーン。反応なし。 そのまま待ちます。 そのまま待ちます。 そのまま待ちます。 ツ、ツ、ツ。 ん?なんかさわった。 そのまま待ちます。 そのまま待ちます。 するとウキがモゾモゾしてから、ジワジワと立ちました。合わせます。ビシッ! ズンッッ!!! 乗ったぁ! 上がって来たのは37センチ。

そのあと、良型のカワハギが釣れたので、サビキをやっている家族連れにあげました。

納竿前に別のフカセ師が一枚あげました。 結局、私とフカセ師Aが2枚。フカセ師Bが1枚。フカセ師CとDがゼロという結果でした。

フカセ師の中でやるのは疲れます。特に冬春は、、、。結局、2枚で納竿しました。

うち一枚は乗っ込んでますね。 もう一枚はガリガリでした。

さて、来週も房総です。

ランキング参加してます。クリック頂けるとありがたいです。

にほんブログ村 釣りブログ 紀州釣りへ
にほんブログ村にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

南紀 撃沈

25日に南紀に出撃しました。 グレイさんとの同釣でした。

結果は二人とも撃沈。

午前中にアジとフグが掛かりましたが、勝負の午後はウキは動いてくれませんでした。ダンゴアタリもなし。

この波止は、久しぶりに来ました。 昔、まだフカセをやっていた頃、よく来た波止です。 ここは潮が澄むと底が見えてしまいますが、この日は濁りが入っていました。水温も低位安定していたと思います。天気も良くて気温も上がりました。 コンディション的にはそんなに悪くないと思ったのですが、、、。

ただ、港の入り口に陣取ったフカセ師達は、チヌらしきものを数匹釣り上げてました。 また、夕方、家族連れがアジの入れ食い状態に。あと、途中、やる気のないボラが浮いていました。

つまり魚はいるし、青潮でもない。

ここで考えられる原因は2つ。 ⑴底潮が冷たく、魚が浮いていた。 ⑵2人でダンゴを入れ過ぎてチヌがボケた。

私は両方だろうと思っています。低水温で活性が低いところにドカドカ餌が入るものだから、チヌが遠巻きに見ているだけの状態になった。加えて、高集魚の餌が常時入りメリハリがないので、チヌのスイッチが入らなかった。そんなところではないかと思います。

正解はチヌのみぞ知るですけど。

ただ、1つ言えることは、当たり前ですけど、この季節はやはりフカセ有利ですね。春に向かって表層の温度が上がってくるのでチヌは浮きやすくなります。餌取りも少ないのでフカセはやりやすいですよね。

私もグレイさんも、3月、4月の戦績は毎年良くありません。所謂ノッコミの季節ですけど、やはりこの季節は魚が浮きやすいので、適しているのはフカセなんだろうと思います。

グレイさんのブログはこちら。 http://awajifishing.com/fishing-log/wakayam-namki-20170225/#comment-848

さて、何も写真がないのもつまらないので、コールマンのコージーチェアーのご紹介です。

ロータイプですが、バッカンの端ががギリギリ座面の下に入る絶妙な高さです。

それ故、前を向いたまま、ダンゴに手が届きます。かがんだり、腰を曲げないのでとても楽です。

バッカンを半分閉めていれば、開口部は太ももに挟まれた部分だけになり、太ももが壁になって太陽が入り込みません。その為、ダンゴの乾燥対策になります。 また、雨の時はバッカンの蓋を閉めなくても、太ももを合わせるだけで雨が入り込まないので、とても便利です。 閉めた蓋の上は刺し餌を置いています。

今週末は房総です。

ランキング参加してます。クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 紀州釣りへ
にほんブログ村にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

水箱完成!としなしさんに感謝です。

漸く水箱完成です。 テトラポッドの上で紀州釣りをする為に製作したテトラ専用機です。

全体観

正面から

タモは伸びるヒモで結んでます。

テトラ上なので、タモを落とすのが怖いので。

バッカンを入れる時は椅子を跳ねあげます。蝶番で開け閉めができます。

尺受けもあります。

かなり頑丈です。全くグラつきません。 足の長さも無段階調節可能。 テトラからノッコミを狙います。

最後に、御指南いただいた紀州釣りブログZERO-Kのとしなしさんに、感謝申し上げます。アドバイスありがとうございました。

ランキング参加してます。クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 紀州釣りへ
にほんブログ村にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

房総 2枚

今日も房総で連投です。ただ、夜中は強風。寝てる車が揺れるほど。こりゃアカン。釣り座も確保せず朝まで寝ました。

ところが朝起きてもまだ強風。寝よ寝よ。 結局、9時半まで車で寝てました。

釣り座に着いたのは10時。まだ風が強かったですが、12時ぐらいから風も弱まる予報。今からダンゴを入れておきます。

今日は私以外にもう一人ダンゴ師が。私の方が後から入ったので、お声かけします。すると、快くオーケーしていただきました。ありがとうございます。

今日はその方との1on1。 さて、どうなることやら。

私のダンゴが約90秒で割れるのに対して、その方は45秒から60秒ぐらい。大きめダンゴで遠投されてます。よくそんなに割るのが早いダンゴが、割れずに遠投できるな。。。感心してしまいました。後で気づいたのですが、パサパサを固く握っています。水分が少ないので、着底してから割れるのが早い(と思います)。なるほどね。永易流を汲む人なのかな?

でも、このままでは寄せ負けします。。。うーん、どうしたものか。私のダンゴでは、これ以上、握りを少なくして割れるのを早くすると、遠投出来なくなります。空中で割れてしまうのです。

仕方なく、握る時間と割れてから回収までの時間を短縮して、ダンゴ投入の回数自体は遜色ないようにしました。

隣を意識しながらの釣り。疲れます。あまり好きではありません。相変わらず割れるのは45秒のようです。一瞬相手のウキを見てから、自分のウキに目を戻すと、

立ってる!

即座に合わせます。上がって来たのは43センチのチヌ。

今日は風が強かったので、予備竿のイングラムチヌIMを使いました。というか、昨日もイングラムチヌIM。チヌスペはお休み。

チヌスペは日本最高のチヌ竿だと思いますが、穂先が繊細で折れやすいので、風が強い日には使いたくありません。

イングラムチヌIMはコスパが良いですが、チヌが40オーバーだと、竿がギシギシ音がします。ブランクスのせいなのか、ジョイント部分が甘いのか?

午後になりました。あたりが止まります。たまにフグが掛かるぐらい。

お隣はエイを釣り上げてましたが、チヌアタリはない模様。

勝負は15時。15時台がチャンス思ってました。案の定、ダンゴあたりが出始めて、ウキもモゾモゾしてきます。でも、消しこまない。

今度はモゾモゾアタリの中で、比較的大きいアタリに的を絞ります。合わせると、乗りました。38センチ。

17時までやってタイムアップ。 お隣はエイ以外当たらかった模様。

さて、来週は南紀です。

ランキング参加してます。クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 紀州釣りへ
にほんブログ村にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村