KURODAI MANIA 〜クロダイマニア〜

KURODAI MANIA 〜クロダイマニア〜

チヌブログ 房総と淡路で紀州釣り

8/25淡路島 4枚 キビレ2枚=練り餌=

「あ!買い忘れた!」
夜中の2時、明石大橋の上です。ハリス1.5号を前回使い切っていたことを思い出しました。淡路島で24時間やっている釣具屋といえば、エサピチさんか、かもめさんです。今日は、まだ行ったことのないかもめさんに行ってみよう。
e2fb5b83.jpg

「いらっしゃい。」
「あのー。ハリスはどこですか?」
「あ、そっちね。」
「ここですね。ところで女将さん、最近、チヌはどうですか?」
「うーん。まぁまぁじゃない?」
「どこら辺がよく釣れますね。」
「うーん。どこもまぁそれなりに釣れているんじゃない。」

パッとした回答ではないけど、下手に「どこが良いですよ!このセットで釣ればバッチリ!」なんて言われるよりは、正直でいいんだろうな。たまにいるもんね。そういう釣具屋さん。商売だから仕方ないんだろうけど。あまり期待せず情報収集だな。
「あ、じゃ、このハリスください。ところで、エサは何が当たっているんでしょうか?」
「うーん。ま、普通に・・・練り餌じゃない?」
!!!!
練り餌?
普通に?
「あ、そ、そ、そうですよね。ふ、普通に練り餌ですよね(汗)」
「うん、練り餌が良いと思うよ。」
「女将さん、ありがとう。では行ってくるよ。」

練り餌か・・・。
掛かり釣り名人の兼松プロがその著書で、「チヌはアンコを見抜いている。アンコを変えただけで、ダンゴが割れる前から突っ込んでくる。」と仰っていました。特に反応が良かったのは、練り餌だそうです。練り餌ね。。。でも、練り餌で釣れたことないな。

今日は、先週も来た淡路島の某波止に来ました。ここは水深が13ヒロもあり、潮も早いので、今日のような小潮で潮が緩む時には丁度良さそうです。夜明け(5時)と同時にキャスト開始。エイッ!!!

腕時計を持ってくるのを忘れました。なので、携帯電話のアラームを7時、9時、11時、13時と仕掛けました。今日は所要あり、14時上がりです。I-PHONEなのですが、このアラームが良い音楽がありません。ペケベケーって言う感じの音楽にセット。

【初ペケベケー(7時)】
アタリゼロ。

【第二ペケベケー(9時)】
ここでアタリが出始めます。ダンゴが効きはじめました。もの凄い数のフグ、ボラ、チヌがいるような感じです。先ず掛かったのは、この方たちです。
cf585e60.jpg
キビレ25㎝。ノーカウント。
c3c84155.jpg
同じくキビレ25㎝。ノーカウント。

うーん。もっと大きいの欲しい。あと、黄色いらない。


【第三ペケベケー(11時)】
前アタリはあり、ボラとフグが交互に釣れます。ここまでは、オキアミ→コーン→サナギのローテーションでした。サナギは反応なし。コーンはかじり後がつきます。さっきのキビレ2枚はコーンでした。オキアミはエサ取りの餌食で、反応無く、硫酸の海で溶けてなくなる感じでした。

「普通に練り餌かな。」
は!そうだ。練り餌を試してみよう。ずっと冷凍しっぱなしだった練り餌のストックがあったはず。ゴソゴソ。あった!ここから練り餌をローテに追加。結論を申し上げると、練り餌”だけ”ヒットしました。
30267801.jpg
35㎝(通算39枚目)

ab57dff9.jpg
38㎝(通算40枚目)

【第四ペケベケー(1時)】
574edbd4.jpg
32cm(通算41枚目)

c6007771.jpg
39㎝(通算42枚目)

7月7日から15枚連続で続いた40㎝以上の記録はストップしてしまいましたが、半日でそこそこ釣れたので満足して帰りました。最後の1枚は40㎝以上あると思いましたが、ちょっと足りなかったなぁ。あと、大きなバラシが2回あったのですが、コンコン叩いていたのでチヌじゃないかなぁ。底切れなかった。そして、根に潜られてしまって、ハリスを瀬で切られました。相手の方が上手でした。スリットがあるところでは、早めの勝負が肝心ですね。反省。
78207ebe.jpg
はーい、皆そろってー。はいチーズ!

かもめの女将さん。只者ではないな。ありがとうございました。
今日は、まるちゃんさん、釜崎さんと和田防に行ってきます。また、レポートします。
8eed8007.jpg
かーえろっと。淡路島綺麗だったなぁ。


広告を非表示にする
//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定